カードローンは魔法のようなもので、魔法ではありません。

大学を卒業し、社会人になりたての頃です。

実家を出て、都内で一人暮らしをしていたときに、生活に必要なものをそろえるために、ある程度お金が必要となりましたので、カードローンやキャッシングを利用するようになりました。

そのほかにも、よく買い物に行くお店でポイントが付くものとか、知り合いがカード会社に勤めているだとか、という理由です。

最初は手元にお金がなくても、生活に必要なものが揃える事ができましたので、大変助かりましたが、次第ににその便利さに取り付かれ、なんでもかんでもカードで支払うという癖がついてしまいました。

そんなあるとき、カード会社からきた請求明細を見てびっくり!

なんと毎月のお給料より多い金額が・・・

当時まだ貯蓄も少なく、その月は大変ひもじい生活をしたのを覚えております。

でも、よい経験をしたなと自分では思っています。

「ご利用は計画的に」とはまさにこの事だなと。

手元にお金がなくても、買い物できたりする便利なものですが、それは支払いできる買い物なのか、それとも無理があるものなのか、ちゃんと判断して使っていただきたいと思います。

使い方を間違えなければ、ポイントが付いたりと何かと便利なので、上手に使っていきましょう!