キャッシングの返済額計算方法は完済までの期間に影響する

キャッシングを申込む際には、審査に通過できることばかり考えて、返済回数や返済方法については後回しとなりがちです。しかし、カードローンの返済方法は、利息の計算方法として様々な方式が採用されているので、利用者に不利な返済方法が採用されているカードローンを選んでしまうと、金利が同じであっても損をすることになりかねません。特に注意しなければならない返済方法として、残高スライド制により返済額が変動する方法と、元利定額リボルビング方式があります。中には2つとも組み合わせてあるケースもあるので、最も利息が増えてしまう残高スライド元利定額リボルビング方式に注意が必要です。

残高スライド方式では、締め日時点の借入残高に応じて返済額が決まるので、ある程度返済が進んだとしても今度は返済額自体を減らされて、利息が掛かる回数が増えてしまう点が問題です。元利定額リボルビング方式では、返済額が一定となるものの、毎回の返済額のうち元金支払いに充てられる金額が少ないので、毎回の返済額が少額で済む代わりにいつまでも元金が減らない状況に陥ります。カードローンの返済方法には、約定返済以外に随時返済も行えるので、毎回返済する元金を揃えるように随時返済により返済額を積み増すことが重要です。